しみ・くすみ・肝斑

しみ・くすみ・肝斑の改善と治療法

しみ・くすみの改善と治療法お肌のお悩みで最も多い、しみ・くすみ。しみ・くすみの原因、種類、そしてお悩みを解決する施術方法をご紹介します。


しみ

しみしみは、メラニン色素が肌細胞に沈着することでできます。 紫外線を浴びると肌は大きなダメージを受け、そのダメージから肌を守るためにメラニン色素が生成されます。

メラニン色素は徐々に肌の表面に浮かびあがり、役目を終えると肌の新陳代謝によって剥がれ落ちます。しかし、加齢によって肌の新陳代謝が鈍くなるとメラニン色素は肌の表面に長期的に滞留してしまい、しみとなってしまうのです。

しみは、色や形や場所によって種類が異なり、治療も様々です。医療に基づかないケアで悪化させてしまうこともあります。


しみの種類

日光性黒子

「日光性黒子(にっこうせいこくし)」とは、これまでに浴び続けてきた紫外線の積み重ねによってできるしみです。年齢を重ねるにつれ濃くなる傾向にあるので、「老人性色素斑」とも呼ばれます。加齢に伴って発生する、最も発生頻度の高いしみです。 30代以降からあらわれることが多いですが、20代でみられる場合もあります。日焼け後にすぐシミになるわけではなく、長年の紫外線による肌へのダメージが徐々に肌に蓄積されて、シミとなってあらわれてきます。

紫外線にあたった肌は、肌細胞を守るためにメラノサイトを活性化させて黒色メラニンを生成します。こうしてつくられた黒色メラニンは、本来は肌のターンオーバーによって角質とともに垢となって排出されます。しかし、紫外線を過剰に浴びたり、加齢によって肌代謝の機能が低下すると、黒色メラニンの生成が過剰になり、ターンオーバーで排出しきれなかった黒色メラニンが色素沈着として肌に残り、しみになります。


炎症後色素沈着

「炎症後色素沈着」とは、ニキビや傷、虫刺され、かぶれなどによる炎症によって色素沈着したしみです。 ニキビや傷、虫刺され、かぶれ、湿疹、やけどなどの炎症が原因でシミ(色素沈着)が発生することがあります。黄色人種である日本人は、黒色メラニンが多いため、炎症後色素沈着が目立ちやすいと言われています。

肌に炎症が起きたとき、黒色メラニンを作り出すメラノサイトが刺激されて黒色メラニンが生成されます。正常に排出されなかった黒色メラニンが、肌に残ってしまい、しみとなってしまいます。一般的に、肌の炎症が治まって赤みがひいた後にしみになります。


肝斑

肝斑「肝斑(かんぱん)」とは、女性ホルモンのバランスの乱れが原因となって発生するしみです。 頬骨の高い部分に、もやもやした薄茶色のしみができます。 両頬の左右対称にでき、主な原因としては女性ホルモンの乱れと言われています。更年期にさしかかり、女性ホルモンバランスが崩れがちな30代後半から50代の女性にできやすいとされています。

また、この年齢の限りではなく、妊娠中や、ピルの使用によってホルモンバランスの変化によってできることもあります。慢性的な紫外線ダメージも関与しているとされており、日焼けによって悪化するとも言われています。


雀卵斑

「雀卵斑(じゃくらんはん)」とは、顔に小さな斑点が広がり、遺伝的な要因で発生するしみです。雀の卵殻に似ているためこの名称で呼ばれいていますが、「そばかす」という呼び方が一般的でしょう。 小さなしみを総称してそばかすと言われる場合もありますが、正確には、遺伝的な要因で発生した細かい茶色の斑点が「そばかす」です。

白人に多く見られますが、日本人では色白の人に発生しやすい傾向があります。 5〜6歳の幼児期からでき始めること人が多く、成長するにつれて増加し、思春期を迎えると色濃くなります。それ以降は徐々に薄くなりますが、個人差があります。顔の鼻から頬のまわりを中心に細かい薄茶色の斑点が散らばるように発生します。

顔の他にも、背中、胸元、肩、腕、手など、紫外線にあたりやすい場所に発生することがあります。春から夏に目立ち、秋から冬にかけ、薄くなる傾向になります。

くすみ

くすみくすみは、紫外線による乾燥が主な原因です。 これに加え、肌の血行不良、糖質や脂質過多の食生活が引き起こす糖化&カルボニル化がくすみをさらに悪化させます。くすみもまた、色や原因によって種類が異なります。

グレーがかった乾燥くすみ、茶黒っぽい色にくすむメラニンくすみ、青黒くくすむ血行不良くすみ、黄ぐすみと、原因によって症状も異なります。このように、くすみの原因は様々のため、間違った対処法によって治癒できず、放置されてしまうこともあります。気になり始めたら、早めのご相談をお勧めします。


くすみの種類

乾燥くすみ

「乾燥くすみ」とは、肌のうるおい不足や肌への負担などにより、肌が乾燥しているのが原因で起こります。肌が乾燥していると、代謝が乱れてしまい、角質となった古い皮膚がうまくはがれず、顔の表面に残りやすくなります。ツヤのない皮膚が表面にあることで、肌がくすんでいるように見えるのです。


メラニンくすみ

メラニンくすみの主な原因は、紫外線や肌への摩擦です。 紫外線を浴び続けたり、肌に摩擦を与えたりした結果、大量に作られたメラニンが排出されず、色素が沈着したり、肌の代謝(肌の生まれ変わり)のリズムが乱れたりして、くすみが引き起こされます。

基本的に、メラニンは肌を守るために作られます。しかし、紫外線をたくさん浴びたり、肌が摩擦を受けたりすると、必要以上にメラニンが作られてしまうのです。 そのため、増えすぎたメラニンが排出されずに沈着し、くすみとなります。 また、メラニンの量が少なくても、肌の代謝が乱れていると、古い肌がはがれず、くすみの元となります。


血行不良くすみ

血行不良くすみは、血行不良によって、静脈が目立つことで発生します。血行不良と言っても、冷え・運動不足・ストレス・睡眠不足・喫煙と、さまざまな要因によって引き起こされるもので、また複数の要因が重なることで発生することもあります。


黄ぐすみ

黄ぐすみとは、主に糖分、脂肪分の過剰摂取によってできる黄色いくしみです。

糖化

糖質(白米、麺類、砂糖など)の過剰摂取が原因となります。紫外線やストレス、喫煙などが関係していることもあります。 体内で処理できなかった糖が、たんぱく質と結びついてできた「糖化生成物」がたまり、黄色に肌をくすませてしまうのです。

カルボニル化

脂質(バター、マーガリン、肉など)の過剰摂取が、主な原因です。紫外線やストレス、喫煙などが関係していることもあります。 脂肪の分解物とたんぱく質が結びつくことで、黄色に肌がくすみます。


しみ・くすみ・肝斑の治療法

予約・問い合わせフォーム

LINEフォーム